{title}や{url}の容量で{custom:custom_field_name}と記述することで任意のカスタムフィールドを出力できます。